トップページ



トップページ

注意事項

薬には薬局等で市販されている薬や処方箋が必要な薬がありますがどちらも症状を改善する効果の他に弊害として副作用のリスクが伴います。服用等する前にそのリスクを把握しておくことが万が一のケースの時の処置に差が出てしまうので重要なポイントです。また、副作用は影響を受けやすいタイプがあります。例に挙げると小児や妊婦、高齢者や慢性的な疾患を抱えている方などが挙げられます。また、薬の成分が重複してしまうと過剰に摂取してしまうので注意が必要です。

慢性疾患を抱えている患者

慢性の疾患の中には、市販の薬を正しくない使い方をしてしまうと悪化してしてしまうものが多いです。基本的に「市販のお薬」というものは、健康体の方が必要な際に使用することが主な用途であるため、重い疾患を抱えている方や慢性疾患を抱えている方、そして「市販のお薬」を常用する予定のある方は、薬局で薬を買う前に医療に従事する者に相談を行わなければなりません。これらの場合において薬を使うことは、一般の自己管理では賄えない問題ですので、専門的な知識が必要とされるのです。

薬に含まれている成分の重複

市販薬を使用する際に注意しなければいけない他のポイントとしては「薬の重複」が挙げられます。違う症状の改善に使用される市販のお薬に、同じ有効成分が含まれているという場合があります。ですので使用する全ての薬のラベルに記載されている成分を見ておかなければ、気づかないうちに過剰摂取してしまうという問題が起こってしまうのです。
例を挙げましょう。風邪に対する医薬品と、睡眠を補助する薬を両方使っている人は、この両方のお薬に「ジフェンヒドラミン」が含有されていますと、安全とされる服用量の倍の量を摂取してしまう危険性があるのです。また多くの市販薬に含有されている成分としてアセトアミノフェンが挙げられます。たとえばアレルギーや鼻炎などに対する治療薬や、頭痛薬などです。このようなアセトアミノフェンが含まれている市販のお薬を気づかずに二重で摂取してしまうと、この成分の摂取限度量を上回ってしまう恐れがあるのです。